実践企業分析基礎編

プログラム概要

「実践企業分析基礎編」は、定量的に企業や事業を理解したい方が、はじめに身につける必要がある考え方を実践的にまとめたトレーニングです。「売上高の分析」と「費用構造の分析」というシンプルな思考の型で、企業の将来性や事業の特徴を数字で理解していきます。

代表講師紹介

藤波 由剛

プリンシプルズ株式会社 代表取締役 CEO。株式会社ワークスアプリケーションズでの法人営業担当を経て、野村證券株式会社にて企業買収の助言業務(M&Aアドバイザリー)に携わる。2016年に社会人を対象に次世代のトレーニングの提供を目指しプリンシプルズ株式会社を創業。起業家として同社を率いるとともに、トレーニングの制作を統括。マネジメント領域のトレーニング開発も手掛ける。シカゴ大学経営大学院修了(MBA)。東京大学法学部卒業(学士)。私立開成高等学校卒業。寄稿・共著「未上場企業を買収する際の情報管理のポイント」『旬刊経理情報』(中央経済社・2018年)、共訳『人事と組織の経済学・実践編』(日本経済新聞出版社・2017年)

代表講師からのメッセージ

企業分析には数字から取組む

「企業分析」は、経営・企画や法人向けの高度な提案営業に必須のスキルです。企業分析にはさまざまなアプローチがあり、とりわけ「定性的な分析」から入るか「定量的な分析」から入るかで入口が大きく異なります。本プログラムは、実務で求められる「定量的」な企業分析の基礎編です。

私たちは、はじめて企業分析に取組む場合、「定量的な分析」から入ることをお勧めしています。理由は、定量的な分析は数字に表れる事実(ファクト)に基づいており、事業の実態に即して地に足のついた議論ができるからです。「定性的な分析」から入ると、「戦略」や「ビジネスモデル」など、どこかで聞いたことがある言葉が飛び交いますが、議論は印象論にとどまり実質的には何も残らないことがしばしばあります。定量的な分析を理解した後に、定性的な分析に入ることが「企業分析をできるようになる」には定石だと考えます。

売上高と費用構造のシンプルな思考の型を使いこなす

本プログラムは、大きく「売上高の分析」と「費用構造の分析」で構成され、最後に利益シナリオを検討します。売上高の分析では、「市場規模×市場シェア=売上高」と「販売単価×販売数量=売上高」で事業を捉えます。費用構造の分析では、変動費率と固定費に着目し、事業の仕組みの特徴を捉えます。

本プログラムで扱うコンセプトは、企業分析や財務分析に馴染みがある方なら誰でも知っている本当に基本的なものだけです。しかし、これらのコンセプトを「聞いたことがある」または「分析結果を見て何となくわかったつもりになる」ことと、「自分で使いこなしてゼロから分析できる」ことには、非常に大きな違いがあります。本プログラムでは、これらを自分で使いこなすことを目標に、実際に企業を分析していきます。

企画担当や金融パーソンの第一歩にお勧め

本プログラムは、事業会社のマネージャー研修や金融機関の若手社員の研修で多く取り扱っていただいています。特に、金融機関で新入社員の研修に本プログラムを提案すると、難しすぎないかご心配をいただくことがありますが、一般的な社会常識があれば前提知識がなくても取組めるように制作されています。「会社の見方が変わった」と感想をいただくことが多い本プログラムを、社員育成の基礎としてぜひご活用下さい。

主な想定受講者

  • 事業会社で経営の視点をはじめて学ぶマネージャー
  • 金融機関で法人顧客への提案や金融商品の販売を行う若手社員
  • 事業会社で経営企画や新規事業を担当する若手社員

諸要件

受講に必要な知識
  • 特にありません
  • 損益計算書の基本的な用語を理解していることが望ましいですが、必須ではありません
取組み時間の目安
  • 約5時間

取組みの水準

本プログラムは、決算説明会資料などに記載される損益計算書に基づいて定量的に事業を理解することを目指します。貸借対照表やキャッシュフローは扱いません。

具体的には、損益計算書などの一般的な開示情報と統計情報を参照し、以下のような水準のやり取りができることを目指します。

※ このような事例を実際に扱うとは限りません
売上高の分析

最近、A社の業績が好調だとよく聞きますね。A社は、今後も事業の拡大が見込まれるのでしょうか。

A社は○業界向けソリューション・ソフトウェアのトップ企業で、直近年度の売上高は○億円です。主力製品の市場規模は○億円で、この市場は年○%成長しています。競争の激しい市場ですが、A社のシェアは○%とトップで、顧客の評価が高いことから今後もシェアは伸びると考えられます。市場規模とシェアが伸びていけば、○年後に売上が現状の2倍となることも考えられます。

費用構造の分析

A社に今後も成長が見込まれることは理解できました。A社の収益性は高いのですか。

A社は、ソフトウェアをクラウド・サービスとして顧客に提供しています。原価は低く、限界利益率は○%と高いです。費用の多くは、サービス開発者やセールス担当者の人件費と、マーケティングのための販管費で生じており、足元の固定費率は○%ほどです。足元では投資がかさみ赤字ですが、売上が伸びれば固定費率が大きく下がるため、収益性は大きく高まるでしょう。

利益シナリオの検討

A社の将来は非常に有望ですね。何か、リスク要因はありますか。

先日、大手ソフトウェア企業のB社が市場に参入したことは気がかりです。A社のソフトウェアはスイッチング・コストが小さいため、顧客が流出する可能性があります。顧客が順調に維持・獲得できずに売上高の伸びが鈍化すると、限界利益率が高いがために想定よりもかなり低い利益水準に留まってしまう可能性もありそうです。

本プログラムは基礎レベルですが、受講者には、このような情報をインターネットなどで調べて参照することではなく、決算説明会資料などの基礎的な一次資料から自ら考えられることが期待されています。

プログラムで取組むトピック

以下のようなトピックに具体的には取り組みます。実務でどのように取り組むか、少しでも不安がある場合は、本プログラムで体系的に考え方を確認し演習に取り組むことが役立つでしょう。

  • ある会社の事業概要を定性的に把握するにあたり、初期的には、①顧客と製品・サービス、②収益モデル、③事業機能、の3つを簡易に確認することが考えられます。初めて触れる会社について、以上を簡単に調べ、理解することができますか。
  • 事業分析において、市場規模と市場シェアの調査・推定は重要です。これらに関連する情報(売上高を含む)が断片的に企業から開示されている場合、市場規模と市場シェアを調査・推定し、そこから事業環境や将来の売上高の見通しを簡単に議論することができますか。
  • 損益計算書から、各費用科目を固定費か変動費か判断し、固変分解を行うことができますか。ある業種の損益計算書の固変分解の結果から、事業の特徴をわかりやすく説明できますか。